1元が20円超え、人々の反応は

人民元

2015年5月末に1元が20円を越えました。
過去と比較すると最近の3年間で67%も上がりました。
僕が上海に行った2013年5月時点では16円でした。その1年前の2012年は12円でした。

中国で働いて給料を元でもらっている人には嬉しい状況です。
例えば、月収2万元の人の円換算の給料額は2012年は24万円ですが今は40万円もらえる計算です。

僕が中国で働いていた時、初任給から100元ずつ家族や友人に渡したのですが、親が「昔はこれは1,200円だったのに、今両替すると2,000円なのね」と言いました。
外国に行った事のない両親ですが、元が財布に持っている事で、為替や中国・アメリカの経済を気にするようになりました。
僕が中国で働いて良かった事は、こういう所にもあります。

TwitterやFacebookでは「元で給料欲しいな」とか「過去に両替したままの元で4万円の得」といったコメントを見かけました。

逆に円安元高で困る点もあります。
中国での生活費も上がっているからです。
コンビニの350mlの安いビール4元は、2012年の48円換算から80円となり、日本と変わらなくなりつつあります。
また日本より高いスタバのコーヒー30元は360円から600円になりました。
中国での生活に工夫が必要になっています。

中国のスタバ



僕が上海で2年間働いて見つけた ⇒ 上海の転職サービスTOP3

海外で働く人のブログを見る ⇒ にほんブログ村 転職キャリアブログ 外資系転職・転職活動へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>